乳酸菌サプリメントの選び方を紹介します

乳酸菌のサプリメントはさまざまな種類がありますが、その中からぴったりのサプリを選ぶコツを意識しておくといいですよ。
サプリメントをこれから買う人はぜひこちらを参考にしてみてください。

①乳酸菌が複数入っているか?

腸内細菌の数は人それぞれ差があるものです。
腸内細菌の個性として、ある人の腸には合う乳酸菌がある人には合わないという事もあります。

乳酸菌サプリにはよくビフィズス菌、ケフィア菌、ガゼイ菌ブルガリア菌、ラブレ菌、アシドフィルス菌などが配合されていますが、自分に合うものは最初は分かるものではありません。

腸粘膜はムチン層という組織があり、ここに個人差が現れます。
相性の良い乳酸菌は人それぞれ違うので、人から「これがいい」とすすめられたものを飲んでも効果が無い事も十分にあり得ます。

ムチン層に乳酸菌が定着しないと善玉菌の働きはできません。
なので、まずは様々な乳酸菌を腸内に入れて確かめる必要があります。

サプリメントを2~3週間飲んでみて、お腹の調子やお通じの様子を見てみましょう。
乳酸菌サプリは様々な乳酸菌を配合している方が体に合う確率は高くなります。



②サプリメントのタイプや相性で選ぶ
乳酸菌は様々な菌が存在しています。
代謝により乳酸を生み出す善玉菌を「乳酸菌」と呼んでいるだけなんです。
現在分かっている乳酸菌は350種類。腸内に存在する乳酸菌も様々な種類がありますが、全ての人に共通している訳ではないのです。

そこで、相性が重要なポイントになります。
乳酸菌サプリで配合されている乳酸菌の種類は製品、メーカーで異なります。
腸内に存在する乳酸菌は数や種類に個人差があり、だからこそ摂取する乳酸菌との相性が重要なのです。

全ての人に効果的な乳酸菌は無いと言ってもいいでしょう。

そこで、相性を確かめるのに必要なのがどんどん色々な商品を試す事。
通販で販売されているほとんどの乳酸菌サプリメントは初回はかなり安くなっていたり、お試しができます。

お試しならリーズナブルに購入できるので、初めての商品はお試し価格で購入ししばらく飲んで様子を見てみましょう。



③品質と安全性で選ぶ

安全性や品質も余裕があれば確認してください。
加工・製造はどこで行われているのか詳細を確認してみましょう。
ISO、GMPの認証を得ているかどうかが安全性や品質において大切なポイントとなります。

毎日口にするものですから、安全性は結構重要です。
安心して毎日飲めるサプリメントを選びましょう。



④コストパフォーマンスで選ぶ

サプリメントを選ぶ時にはコストパフォーマンスも忘れられません。
価格が安ければ安い程お財布には優しいですが、安すぎるものはちょっと心配です。
品質が駄目なサプリメントを飲んでいても効果は得られません。

そこで着目したいのはコストではなく、費用対効果(コストパフォーマンス)です。

値段は1日当たりにかかる費用で考えるといいでしょう。
1日当たりで換算し、100円前後なら経済的に負担になりにくいかなと思います。
1か月分にすると大体3,000円前後になります。
これくらいの価格で品質の高いサプリメントを選んでいきましょう。

サプリメントの相場的に品質が高い商品でも3,000円前後で購入できるものも多くあります。
乳酸菌サプリを飲むのは初めての方は、3,000円前後を基準にして選んでみてはいかがでしょうか。